チラシ制作の際のデザイン

HOME » ビラデザイン » チラシ制作の際のデザイン

チラシ制作の際のデザイン

何か商品を売りたい、音楽や演劇などの発表をするので宣伝したいといった理由でチラシを制作する人も多いと思いますが、チラシにも人に見てもらえるものとそうでないものの2種類があって、前者はしっかりアピールできている分効果も得られますが後者はコストだけがかかってしまうため、無駄な労力になってしまいます。
街を歩いていると、いろいろなお店でチラシを見かけますが、ひと目見ただけなのに覚えている印象的なチラシもありますし、何度も見ているのに見た時にしか覚えていない印象が薄いチラシがあります。

その違いはいったいどこにあるのかと言うと、まずもっとも大きいのはデザインです。
チラシのデザインは制作するときに必ずいろいろなパターンを考えると思いますし、完成させたときにはこれでたくさんの人に見てもらえる!と意気込むと思いますが、実際にチラシを貼ってみると明暗が分かれてしまいます。

まず注目して欲しいのが「チラシの読みやすさ」で、これはどんなことを伝えたいのかが端的に伝えられているかが大きなポイントになります。
どれだけ魅力的な商品、どれだけ魅力的な演劇や音楽だとしても、チラシの内容が見ている人に伝わらなければ足を止めてもらえませんし、印象にも残りませんので、「見てもらえるチラシとは何か?」を意識してください。

具体的に言えば伝えたいことをシンプルに、そしてひと目見ただけで読みやすいようなレイアウトにすることが重要で、あまり細かな情報をずらずらと書き連ねるのはおすすめできません。
たくさん伝えたい情報があるからそれをすべて書きたいと欲張ってしまうと文字ばかりのチラシになってしまいますので、読む側も大変ですし、文字が多いというだけで読む気がなくなってしまいます。
ですからシンプルに伝えたいことをドンと掲載し、詳細はひと目見ただけで分からないところに記載してあっても問題ないのです。
まずは足を止めてもらうことを意識するのが先決ですから、カラーにもこだわって背景となる壁と同化しないように注意してください。

また複数のチラシが貼ってあるような場所に貼る場合はよりデザイン性を高める必要があるので、個性を出していく必要があります。
しかしここでもあまりに個性的では読みにくくなってしまいますので、カラーやレイアウトなどで差別化を図ってみてください。
まずは自分が印象に残っているチラシを見つけて、それがなぜ印象に残っているのか分析してみてください。